The Society for Remediation of Radioactive Contamination in Environment

環境放射能除染学会

環境放射能除染学会のホームページへようこそ

 環境放射能除染学会は、今般の福島原発事故により発生した放射能の大規模除染に対処するため、その除染のための研究や技術発展に関する情報交換や成果の発表の場として、2011年11月に発足した学会です。
 インターネットを主なツールとして情報のやり取りをしますが、技術者の交流の場としてもご利用頂けます。また、討論会・講演会・学術誌の発行も行います。
 除染・中間貯蔵に関心のある方は是非ご入会ください。

お知らせtopics


公益財団法人原子力安全研究協会からのお知らせ

 『平成29年度「放射線の健康影響に係る研究調査事業」(委託事業)公募について』

環境省では、東京電力福島第一原子力発電所事故後の、住民の健康管理や健康不安
解消への取組の有効性を高めることを主目的として、以下の4つの研究を推進します。
 (1)放射線被ばくの線量評価等に関する研究
 (2)放射線の健康影響の解明及び放射線以外の要因による健康リスクの低減を含めた
       総合的な健康リスクに関する研究
 (3)放射線による健康不安対策の推進に関する研究
 (4)事故初期の内部被ばく線量評価の精緻化に関する包括的研究

<募集期間>
   平成28年9月5日(月)〜平成28年10月5日(水)18時まで
<応募要領等の公募詳細>
   http://www.env.go.jp/chemi/rhm/study/h29-01.html
<問合わせ先>
  環境省総合環境政策局環境保健部放射線健康管理担当参事官室
  担当 斎藤(美)、國井
  〒100−8975 (住所)東京都千代田区霞が関1−2−2
  (電話)03−3581−3351(内線6397)
  (FAX)03−3581−3368(E-Mail)hk-research@env.go.jp


第5回環境放射能除染研究発表会 終了しました

 2016年7月6日(水)〜7月8日(金)
 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)にて開催しました。
 企業展示・発表受付・参加登録受付を終了しました。
 口頭発表・ポスター発表プログラムを掲載しました。
第5回環境放射能除染研究発表会は終了しました。
当日の様子はこちら
国際シンポジウムの発表資料を掲載しました。

★忘れ物について★
 グレーのペンケースの忘れ物がありました。
 事務局でお預かりしていますので、お心当たりの方は、東京事務所まで
 お問い合せ下さい。


定時社員総会について

 平成28年1月22日(金)に平成28年度定時社員総会を行いました。
 総会関連資料はこちら
 第11回講演会盛会のうちに終了しました。

日本学術会議協力学術研究団体に指定

 このたび、一般社団法人環境放射能除染学会は平成27年7月24日付で
 日本学術会議協力学術研究団体として指定されました。

 

学会誌 投稿規定の更新

 ●学会誌の投稿規定が変更になりました。
  1.論文の標準ページ数の変更
  2.論文掲載の料金(現在、無料)ですが、規程に明記していなかったために記載
  3.「掲載済みの論文の訂正・撤回」を追加
  詳しくは学会誌をご覧ください。


更新情報news

過去の更新情報はこちら

共催・後援の催し

共催
2016年9月15日(木)〜17日(土)
第60回粘土科学討論会
主催:日本粘土学会
於:九州大学 医系キャンパス
(福岡市東区馬出3-1-1)


共賛

2016年11月2日(水)
保物セミナー2016 
主催:保物セミナー2016実行委員会
 於:大阪科学技術センター
   8階大ホール

2016年10月19日(水)〜21日(金)
RADIEX2016
(環境放射能対策・廃棄物処理国際展)

主催:株式会社環境新聞社
 於:科学技術館
 (千代田区北の丸公園2番1号)
  

 

環境放射能除染学会

事務局

・学会への入会
・会員管理
・学会誌の編集

〒305-0061
茨城県つくば市稲荷前24-10
トゥインクル吉田A棟102号室

TEL 029-886-9227
FAX 029-886-9228
office@khjosen.org


東京事務所

・研究発表会・講演会の運営

〒105-0004
東京都港区新橋3-16-2
太洋ビル4F

TEL 03-6721-5083
FAX 03-6721-5084
info@khjosen.org

プライバシーポリシー