本文へスキップ

The Society for Remediation of Radioactive Contamination in Environment

研究発表会・講演会

第2回定例総会および第4回講演会

「放射能除染に向けての廃棄物対策」終了しました

※第4回講演会要旨集に若干の残部がありますので販売致します。
 ご希望の方は送付先、請求先、必要部数の情報をメールにてinfo@khjosen.orgまで
 ご連絡下さい。
 ・モノクロ製本版  ¥1,500 頒布終了しました
 ・カラー簡易製本版 ¥2,000

日 時:2012年11月27日(火)13:00〜 
場 所:楽水会館(東京海洋大学(旧水産大学) 品川キャンパス内)
    会場案内 海洋大学品川キャンパス 品川駅港南口(東口)から徒歩約10分
         楽水会館 正門から入って左手2棟目です。
参加費:当日払い
    会員¥3,000(法人Aは3名まで無料、法人B、公益会員は1名無料)
    非会員¥5,000
     ※参加費には要旨集代を含みます
    懇親会¥4,000(懇親会のみの参加も可能です)
定 員:講演会200名 懇親会70名
共 催:特定非営利活動法人 環境測定品質管理センター
    一般社団法人 廃棄物資源循環学会
    日本放射線安全管理学会
後 援:一般社団法人 日本環境化学会
    NPO法人 Ecolink21 環境国際総合機構
    公益社団法人 土木学会
                    以上 6団体
   (共催・後援団体に所属している方は会員価格にて御参加いただけます)
CPDプログラム認定(3単位) JCCA 一般社団法人 建設コンサルタンツ協会

当日の模様

  参加者数:222名

放射能除染に向けての廃棄物対策に関する技術的課題、今後の展望など4名の講演者の話があった。 また、放射性物質汚染廃棄物の出口戦略についてのパネルディスカッションが行われ、会場の参加者と活発な質疑応答がされた。
講演会プログラム
 13:10〜13:10  主催者挨拶
 13:10〜13:40 放射性物質汚染廃棄物問題への国の取組
    環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長 梶原成元 
◆これまでの国の取組、放射性物質汚染対処特別措置法、今後の課題等について
 13:40〜14:10  廃棄物焼却と放射能
         (株)クボタ 水・環境総合研究所 阿部清一
                 国立環境研究所 客員研究員
◆廃棄物(下水汚泥含む)の焼却処理過程での放射性物質の挙動、排ガス処理、
 炉内蓄積などについて
 14:10〜14:40  放射性廃棄物の輸送と安全管理
  (独)原子力安全基盤機構 核燃料廃棄物安全部長 加藤正美
◆IAEAの輸送物、輸送コンテナ等に関する基準、今般の放射性物質に汚染された
 大量の廃棄物への対処について
 14:40〜15:00  休   憩
 15:00〜15:30  放射性物質汚染廃棄物の出口戦略@
 〜放射性物質汚染廃棄物等の出口戦略上の課題〜
     (独)国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター
                          大迫政浩
◆中間貯蔵、指定廃棄物の最終処分などの問題を含めて、出口戦略の論点を総括
 15:30〜16:20  放射性物質汚染廃棄物の出口戦略A
 〜パネルディスカッション〜
・コーディネーター:大迫政浩
   (独)国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター長、
                        学会副理事長
・パネラー:講演者3名
◆出口戦略(中間貯蔵、指定廃棄物最終処分、腐敗性有機物の減容化など)の
 グランドデザイン、技術的課題、今後の展望など)

環境放射能除染学会

事務局

・学会への入会
・会員管理
・学会誌の編集

〒305-0061
茨城県つくば市稲荷前24-10
トゥインクル吉田A棟102号室

TEL 029-886-9227
FAX 029-886-9228
office@khjosen.org


東京事務所

・研究発表会・講演会の運営

〒105-0004
東京都港区新橋3-16-2
太洋ビル4F

TEL 03-6721-5083
FAX 03-6721-5084
info@khjosen.org