本文へスキップ

The Society for Remediation of Radioactive Contamination in Environment

研究発表会・講演会

第11回講演会  盛会のうちに終了しました。

「熱処理を中心とした減容化・再生利用技術」  

当日の模様

当日は92名の参加をいただきました。
 第11回講演会では森田理事長の挨拶に続き、5名の方々より貴重なご講演をいただきました。講演後の、大迫理事の司会による総合討論のセッションでは、場内から厳しいご意見や問題提起もあり活発な討論が行われました。

 昼の時間を利用し、一般社団法人環境放射能除染学会の第2回定時社員総会(写真左下)および第5回理事会(写真下)が開催され、滞りなく終了しました。

 講演会終了後の意見交換会にも多くのご参加をいただき活発な意見交換が行われました。

 

講演会のお申込みはこちらの用紙に記入してfax(03-6721-5084)または
 メール(info@khjosen.org)までお送りください。

申込用紙

 定員になりましたので、お申込みは終了しました。
 参加ご希望の方は、事務局(03-6721-5083)までお問い合せ下さい。


11:45〜12:30に一般社団法人環境放射能除染学会の定時社員総会を行います。
総会につきましてはあらためてご案内申し上げます。


主 催:一般社団法人 環境放射能除染学会
日 時:平成28年1月22日(金)10:00〜16:15
場 所:ニュー新橋ビル 8階 ハロー貸会議室 会議室H (新橋駅烏森口すぐ)
定 員:72名
参加費:
会員 3,000円 法人会員・公益会員とも1名まで
 無料。2人目から3,000円。

※無料枠の人数調整は御社にて
 行ってください
非会員 13,000円
   (非会員の方は当日に入会申込みをした場合、会員価格でご参加いただけます)
 ※当学会では事務作業軽減のため、公的機関以外の請求書の発行はお断りさせて
いただいております。当日受付にて参加費をお支払いただいた際に「講演会参加費」
の領収書をお渡しいたします。


共催: 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
   
                                       ※2015/12/24更新
 

 

プログラム


         
タイトル 講演者

中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略の検討状況について

10001045

環境省

永野 喜代彦
休憩 10451100

乾式Cs除去技術の概要と飯舘村蕨平における
仮設資材化実証調査委託業務について

11001145

太平洋セメント株式会社

本間 健一
除染学会総会およびランチ 11451230
理事会 12301300

溶融技術による様々な固形物からの
セシウム高効率分離

13001345

株式会社クボタ

釜田 陽介

加熱化学処理によるセシウムの揮散除去

13451430

株式会社神鋼環境
     ソリューション

小倉 正裕
休憩 14301445

除去土壌等の減容処理技術開発

14451530

日本原子力研究開発機構

加藤 貢

総合討論:講演の論点整理を含めて

15301615

司会:国立環境研究所

大迫 政浩
※都合により講演者・プログラムが変更になる場合があります。


終了後、意見交換会(会費3,000円)を予定しております。


環境放射能除染学会

事務局

・学会への入会
・会員管理
・学会誌の編集

〒305-0061
茨城県つくば市稲荷前24-10
トゥインクル吉田A棟102号室

TEL 029-886-9227
FAX 029-886-9228
office@khjosen.org


東京事務所

・研究発表会・講演会の運営

〒105-0004
東京都港区新橋3-16-2
太洋ビル4F

TEL 03-6721-5083
FAX 03-6721-5084
info@khjosen.org